キルケ(大苗)7号鉢植え バラ苗 《農林水産省 登録品種》 四季咲き ロサ・オリエンティス

キルケ(大苗)7号鉢植え バラ苗 《農林水産省 登録品種》 四季咲き ロサ・オリエンティス

¥5,445(税込)
5,282(税込)
3%OFF

52ポイント獲得!

キルケ
Kírkē

花色:白地にライラックピンクのブラッシュ
香り★★☆ 四季咲き  花径:7cm、丸弁ロゼット咲き
樹形:1.4m×1.0m、直立シュラブ

 

淡いクリームホワイト地に、うっすら紫がかったピンクのバラです。 くしゅっとした、柔らかな優しい雰囲気の小中輪のロゼット咲きの花が、房になって咲きます。 晩秋は深い赤紫色になり、妖艶に咲くことも…。 樹勢が強く、耐病性も良い半つる性のバラなので、コンパクトなつるバラにもできます。 花名は、オデュッセウスを魅了したギリシャ神話に登場する魔女“キルケ”から。可愛らしさと妖艶さ、その二つが同居する花を、キルケのイメージに重ねて。



※大苗について
11月頃まで畑で育てた苗を30~40cmの長さに剪定してから堀り上げ、7号鉢にバラ用土を使って植えつけた状態でのお届けです。
5月頃には綺麗なお花を咲かせるでしょう。
鉢植えで育てる場合は、一番花が終ってから一回り大き目の鉢に鉢ましをするいいでしょう
株が充実しており、鉢植えにもしていますので、初心者の方でも安心して育てられます。


ロサ・オリエンティス◆ロサ・オリエンティス
Rosa Orientis
ロサ・オリエンティスは、ローズクリエイターの木村卓功氏によるブランドです。 若いころから育種をはじめた木村氏は、近年“わかな”や“ラテアート”などを作出。
2012年、満を持して「ロサ・オリエンティス」のブランドを立ち上げ、自身で作り出した魅力的なバラたちを発表しました。

木村氏が目指すのは、日本の高温多湿の環境でも良く育ち、夏でも見ごたえある花を咲かせる、日本人好みの耐暑性、耐病性のある四季咲きのバラ。

「ロサ・オリエンティス」というブランド名は、ラテン語で「東洋のバラ」という意味。ここにも、木村氏の思いが込められています。

数量

ITEM DETAIL

《バラ苗の送料》  バラ苗は一箱に2本まで入ります。
 ・関西・中国・四国・九州/1,550円  ・北陸・中部/1,650円
 ・関東・信越/1,760円  ・東北/1,880円  ・北海道・沖縄県/4,400円

植え付けにはおおがファームが自信をもっておすすめできるオリジナルのバラ専用土を使用しています。直接根にあたっても問題のないタイプの元肥も適量混ぜ込んでいますので、長期間ゆっくりと肥料効果が持続しますが、追肥は必要です。
おおがファームでは”バイオゴールドセレクション薔薇”をおすすめしてます。
バラ苗と一緒にご注文いただければ、同梱致しますので送料がお得です。
◆バイオゴールドセレクション薔薇 1kg 2,100円(税別)


お庭に植えつける場合は元肥を混ぜ込むと生育が違います!
◆バイオゴールドクラシック元肥 1.3kg 2,500円(税別)

《ばらにやさしい培養土(おおがファームオリジナル)》
赤玉土と鹿沼土をベースにピートモスやココチップ、くん炭などの植物性堆肥の他、動物性堆肥(完熟馬糞)を加えています。保水性・保肥力・排水性などバラの生育にとって大切な要素を十分に考えぬいた配合です。また、天然鉱物であるゼオライトを適量混ぜ込むことで肥料の流亡を防ぎ、窒素、リン、カリウムなどの栄養分を吸着し保肥力を高めています。

REVIEW

  • choco lateさん

    評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5

    5

    2021/05/09 23:49

    評価3 画面で見るよりピンクパープル色が濃い花色でしたが、これはこれでシックでいい感じです。 しっかりした苗ですが、枝が1本折れていて花と蕾がぶら下がっていて残念でした。

RELATED PRODUCTS