クレマチス:ミケリティー(ミケリテ) 宿根草 系統:ジャックマニー系 新枝咲き 4.5号ポット

クレマチス:ミケリティー(ミケリテ) 宿根草 系統:ジャックマニー系 新枝咲き 4.5号ポット

¥2,420(税込)
2,347(税込)
3%OFF

23ポイント獲得!

CLEMATIS 'Mikelite'

<商品について>
学名:クレマチス
分類:キンポウゲ科・クレマチス属(主につる性落葉低木/つる性多年草)
系統:ヴィチセラ系
花色:紫
花径:8~12cm
草丈:2.5~3m
開花期:6~10月
四季咲き性の丈夫で花付きのよい品種です。
フェンスやアーチ、トレリス、壁面などにも使いやすいく、バラとの相性も◎。花後の剪定は今年伸びた枝を1/3程度残して切り詰めます。冬は地際近くの芽を残して剪定します。

数量

ITEM DETAIL

《鉢植えの場合》
鉢は深いものにしましょう。
クレマチスの根は、縦に深く伸びる性質があり、また植え付けの時に深植えにするので鉢は深めのものがおすすめです。1~2節深植えにするのがポイントです。植え替えは1~2回り大きいものにし、最終的には8~10号(直径24~30cm)までがいいでしょう。

土は市販のものが便利です。
培養土はクレマチス専用土が便利です。草花用の土でも大丈夫です。

水やりは乾いたらたっぷり与えましょう
鉢栽培では乾いたらたっぷりが基本です。クレマチスは特に水を欲しがります。鉢底から流れ出るくらいたっぷり与えるといいでしょう。開花直前に水を切らすときれいに咲かないので注意しましょう。受け皿は根腐れの原因になるのでお勧めできません。

クレマチスは肥料が大好きです。
クレマチスを綺麗に咲かせるためには肥料が欠かせません。特に二番花、三番花を咲かせるときは肥料を十分に施します。切って咲かせるタイプ(新枝咲き・新旧両枝咲き)は12~1月に元肥を施し、10月くらいまで2ヶ月に一度施すといいでしょう。伸ばして咲かせるタイプ(旧枝咲き)は12~1月に元肥を施し、花後にお礼肥を与えるといいでしょう。


《お庭で楽しむ場合》
庭植えにするとクレマチス本来のパフォーマンスを発揮します。お庭がある方には庭植えがおすすめです。ただし、移植は嫌うので植え付け場所は慎重に選びましょう。
クレマチスは日当たり、風通し、水はけのよい場所を好みます。ただ、株元に光が当たるのは苦手です。その場合は株元に根が浅く広がるような草花を植え付けたりするといいでしょう。

庭植えする苗は三年生苗か開花株がおすすめです。2~3節深植えするのがポイントです。
植え付け適期は11月から3月です。
特に11~12月の植え付けが、根が張りやすくおすすめです。
真冬は避けた方がいいでしょう。

植え付け方
1.植穴は直径40~50cm。根が深く伸びるので、できれば深さ50cmほど掘るといいでしょう。
2.堀上げた土に、堀上げた土の3割程度の堆肥(完熟腐葉土や牛糞)と元肥を適量加えよく混ぜ合わせます。
3.2の土の1/3程度を埋め戻し、穴の中の土の中央を高くします。
4.植え付ける根の状態を確認し、根の全体を広げるように丁寧にほぐします。茎と根の付け根付近は折れやすいので気を付けましょう。
5.根を広げ2~3節深植えになるように植え付けます。
6.最後につるを同一方向の斜め上に誘引して結束します。

REVIEW

レビューはまだありません