クレマチス '白万重(しろまんえ)' 系統:フロリダ系 4.5号ポット

クレマチス '白万重(しろまんえ)' 系統:フロリダ系 4.5号ポット

¥2,420(税込)
2,347(税込)
3%OFF

23ポイント獲得!

Clematis florida Thunb. var. flore-pleno G. Don

フロリダ系の中国に自生する原種「テッセン」の枝変わり。

フロリダ系は、ほどよい大きさの中~大輪で、落ち着いた色合いが人気です。枝の節々に花を咲かせる多花性で、開花期間が長いのも特徴です。
庭植えにも、鉢植えにも使いやすく、バラとの組み合わせも楽しめます。
寒冷地での戸外越冬が難しい種類もあるので注意。
花期:5~10月
花径:8~12cm
草丈:2~3m
耐寒性:強(やや弱の種類もある)
耐暑性:強(やや弱の種類もある)


花は淡い黄緑色で咲き始め、徐々に白色へと変化する。
繊細なグラデーションの美しい八重咲き品種で、何とも言えない、圧倒的な上品さが漂う。
花持ちがすこぶるよく、多花性とも相まって、観賞期間が長い。

和風の空間にも、洋風の空間にも使いやすく、シーンを選ばずに楽しめる。
この繊細さをぜひ味わってもらいたいクレマチス。

もちろん、フロリダ系特有の、枝を伸ばしながら、節々に咲く多花性なので、豪華に咲き誇り、鉢植えにも向くし、庭植えで枝をおおらかに誘引して、オベリスクやフェンスなどにからませても楽しい。

また、枝は細めで、葉も小さくかわいいので、旺盛に茂っても、その姿は重たくならず、フワフワ舞うように咲く花と相まって、浮遊感がある咲き姿になる。

長時間、強い光があたる場所よりは、やや陰るくらいの場所の方が、生育が良好になる。また、株元は半日陰気味の方がよい。

バラとの相性もよく、品種の組み合わせや環境にもよるが、同時に咲かせることも夢ではない。

返り咲き性が強いので、花後に剪定と追肥を行うと、2番花も楽しみやすい。
ただし、株の充実具合と育てている環境にもよる。
また、関東以西の平地においては、株の充実具合や、剪定によっては、冬にも花が見られる。

耐寒性がやや弱い。
南東北以南の平野部では、問題なく戸外越冬できるが、それ以外の寒冷地では、戸外越冬が難しい場合がある。
南側の日光がよく当たり、北風が当たらない場所で管理し、マルチングするなど対処したほうがよい。
ちなみに、岩手県花巻市では、何もしなくても戸外越冬する場所と、寒さ対策が必要な場所とそれぞれある。

楽しみ方:鉢植え、庭植え

数量

ITEM DETAIL

《鉢植えの場合》
鉢は深いものにしましょう。
クレマチスの根は、縦に深く伸びる性質があり、また植え付けの時に深植えにするので鉢は深めのものがおすすめです。1~2節深植えにするのがポイントです。植え替えは1~2回り大きいものにし、最終的には8~10号(直径24~30cm)までがいいでしょう。

土は市販のものが便利です。
培養土はクレマチス専用土が便利です。草花用の土でも大丈夫です。

水やりは乾いたらたっぷり与えましょう
鉢栽培では乾いたらたっぷりが基本です。クレマチスは特に水を欲しがります。鉢底から流れ出るくらいたっぷり与えるといいでしょう。開花直前に水を切らすときれいに咲かないので注意しましょう。受け皿は根腐れの原因になるのでお勧めできません。

クレマチスは肥料が大好きです。
クレマチスを綺麗に咲かせるためには肥料が欠かせません。特に二番花、三番花を咲かせるときは肥料を十分に施します。切って咲かせるタイプ(新枝咲き・新旧両枝咲き)は12~1月に元肥を施し、10月くらいまで2ヶ月に一度施すといいでしょう。伸ばして咲かせるタイプ(旧枝咲き)は12~1月に元肥を施し、花後にお礼肥を与えるといいでしょう。


《お庭で楽しむ場合》
庭植えにするとクレマチス本来のパフォーマンスを発揮します。お庭がある方には庭植えがおすすめです。ただし、移植は嫌うので植え付け場所は慎重に選びましょう。
クレマチスは日当たり、風通し、水はけのよい場所を好みます。ただ、株元に光が当たるのは苦手です。その場合は株元に根が浅く広がるような草花を植え付けたりするといいでしょう。

庭植えする苗は三年生苗か開花株がおすすめです。2~3節深植えするのがポイントです。
植え付け適期は11月から3月です。
特に11~12月の植え付けが、根が張りやすくおすすめです。
真冬は避けた方がいいでしょう。

植え付け方
1.植穴は直径40~50cm。根が深く伸びるので、できれば深さ50cmほど掘るといいでしょう。
2.堀上げた土に、堀上げた土の3割程度の堆肥(完熟腐葉土や牛糞)と元肥を適量加えよく混ぜ合わせます。
3.2の土の1/3程度を埋め戻し、穴の中の土の中央を高くします。
4.植え付ける根の状態を確認し、根の全体を広げるように丁寧にほぐします。茎と根の付け根付近は折れやすいので気を付けましょう。
5.根を広げ2~3節深植えになるように植え付けます。
6.最後につるを同一方向の斜め上に誘引して結束します。

REVIEW

レビューはまだありません